page contents Your SEO optimized title page contents

雨月の気まぐれ日記

食・食品表示検定・健康・未知の領域 今感じることを、気ままに考察

「添加物は使用していません」の表示について

添加物の使用

 食品を購入する際には、賞味期限、原産地・原料原産地・原産国、そして添加物の順に気になるのではないでしょうか?
 賞味期限や国産か否かは、表示を見るとすぐにわかると思います。
 しかし、食品添加物は、表示されていてもピンとこないのが実態だと思います。
 なぜか、添加物=悪いものという観念がありますが、食品業者側からすると食品の品質を保持して消費者に提供するために必要なものです。
 消費者も極力添加物を含まない食品を選びたいというニーズからか、「添加物を使用していません」であるとか「無添加」と表示している食品を見ることがあると思います。

 まず、一般的に添加物を使用されることがないものにあっては、添加物を使用していない旨の表示をすることは適切ではありません
 「添加物は表示していません」、「無添加」については、以下のとおりです。

 

「添加物は表示していません」の表示 

 同種の販売商品は、一般的に添加物を使用していますが、自社の商品には添加物を使用していない場合は、添加物を使用していない旨の表示をしても差し支えないと考えられています。

 ただし、加工助剤、キャリーオーバー等で表示が不要であっても、添加物を使用している場合は、この限りではありません。

「無添加」の表示

 無添加とは、何を加えていないのかが不明瞭であることから、「無添加」だけの表示ではなく、具体的な表示をすることが望まれています。

 

(参考)加工助剤とキャリーオーバー

加工助剤

(定義)食品の加工の際に使用されるが、

 (1)完成前に除去されるもの

 (2)その食品に通常含まれる成分に変えられ、その量を明らかに増加されるも
  のではないもの

 (3)食品に含まれる量が少なく、その成分による影響を食品に及ぼさないもの

キャリーオーバー

(定義)原材料の加工の際に使用されるが、次にその原材料を用いて製造される食品には使用されず、その食品中には原材料から持ち越された添加物が効果を発揮することができる量より少ない量しか含まれていないもの

 

 上記の添加物については、別添の「厚生労働省:食品添加物の表示について」を参照してください。 

www.mhlw.go.jp

 

                         ※食品表示Q&Aを参照