page contents Your SEO optimized title page contents

雨月の気まぐれ日記

食・食品表示検定・健康・未知の領域 今感じることを、気ままに考察

新原原 「中間原材料を使用」した際の具体例は?

新原原(原材料が中間加工原材料の場合の表示方法は?)

 新原原(原料原産地表示)の対象の原材料が中間原材料の場合は、重量順第1位の原材料の名称に対応した原産地を表示することが基本となります。

 

例1 中間加工原材料の製造地表示

 ドイツ製造のりんご果汁を原材料にしている場合、国内製造の皮を原材料にしている場合、国内製造の小麦粉を原材料にしている場合の3点については、以下のとおりです。

 

f:id:ugetu_kimagure:20190630194819j:plain

例1

例2 中間加工原材料の製造地表示
  (原料原産地名の事項欄を設けて表示)

 例1では、りんご果汁(ドイツ製造)としていましたが、この原料原産地名の事項欄を設けて表示することもできます。

f:id:ugetu_kimagure:20190630195252j:plain

例2

例3 中間加工原材料の生鮮原材料の原産地を遡って表示

 原産地を遡って表示することが可能ですが、あくまで原産地の表示ですので、りんごに対して〇〇製造という表示は誤った表示となります。

f:id:ugetu_kimagure:20190630195835j:plain

例3

例4 中間加工原材料の生鮮原材料の原産地を遡って表示
   (原料原産地名の事項名欄を設けて表示)

 

f:id:ugetu_kimagure:20190630200035j:plain

資料4

資料5 中間加工原材料の原産地を原料原産地名の事項欄を設けて表示

 当該原材料が複数の中間加工原材料に使用されているなど、原産地を表示する生鮮原材料がどの中間加工原材料の生鮮原材料なのかということを、分かるように表示する必要があります。

f:id:ugetu_kimagure:20190630200634j:plain

例5

 

                          ※食品表示Q&Aを参照