page contents Your SEO optimized title page contents

雨月の気まぐれ日記

食・食品表示検定・健康・未知の領域 今感じることを、気ままに考察

食品表示基準に関する経過措置期間について

食品表示基準

 食品表示制度は、2015(平成27)年4月1日から施行となり、食品衛生法、JAS法、健康増進法と分かれていた法律が統合されてできました。
 法律が施行されても、包材の在庫を抱えていたり、すぐに切り替えをすることが困難な事業者もあることから、経過措置期間が設けられています。

経過措置期間

2015(平成27)年から5年間の経過措置

 一般用加工食品    ⇒ 2020(令和2)年3月31日までは、旧基
             準の表示も認められています。

 業務用加工食品    ⇒ 2020(令和2)年3月31日までは、旧基
             準の表示も認められています。

 添加物・栄養成分表示 ⇒ 2020(令和2)年3月31日までは、旧基
             準の表示も認められています。

 

2016(平成28)年から4年間の経過措置

 製造所固有記号    ⇒ 2020(令和2)年3月31日までは、旧基
             準の表示も認められています。
              ただし、2016(平成28)年にスタートし
             た新しい製造所所固有記号のシステムにより取得
             した場合は、この限りではありません。

2017(平成29)年から4年7か月の経過措置期間

 新しい原料原産地表示 ⇒ 2017年9月1日から4年7か月後の、
              2022(令和4)年3月31日までは、旧基
             準の表示も認められています。