page contents Your SEO optimized title page contents

雨月の気まぐれ日記

食・食品表示検定・健康・未知の領域 今感じることを、気ままに考察

賞味期限が過ぎた食品は食べてよいのか・・・

消費期限と賞味期限

 食品を購入する際には、消費期限や賞味期限が気になるのではないでしょうか?
 昔は、品質保持期限なんていう言い方をしていました。
 では、消費期限と賞味期限の違いはなんでしょうか?

 

 消費期限 ⇒ 腐敗、変敗その他の品質(状態の劣化)に伴い安全性を欠く
       こととなるおそれがないと認められる期限を示す年月日のこと。
 賞味期限 ⇒ 定められた方法により保存した場合において、期待される全
       ての品質の保持が十分に可能であると認められる期限を示す年
       月日のこと。

 となっています。

期限を過ぎた食品は食べてよいの?

 結論からいうと、消費期限を過ぎた食品は食べてはいけません。
 賞味期限を過ぎた食品は、すぐに食べられなくなる訳ではありませんが、美味しく食べるには賞味期限内が良いですよ!ということになります。
 食品事業者が賞味期限を決める際には、実際の賞味期限に安全係数を掛けて算出していますので、賞味期限が過ぎたからすぐに廃棄する必要はありません。
 賞味期限を過ぎた食品は、消費者自身が五感を生かして判断の上、食べることになります。
 災害用の備蓄も大切ですので、ローリングストック、回転備蓄で無駄なく賢く食べていきましょう。

 

                       ※食品表示Q&Aを参照。