page contents Your SEO optimized title page contents

雨月の気まぐれ日記

食・食品表示検定・健康・未知の領域 今感じることを、気ままに考察

レイキは、どうして怪しいと思うのか?

レイキとは

 レイキとは、手当療法です。
 昔から、ケガなどの処置をすることを、「手当て」すると言いました。
 また、膝などをぶつけると反射的に痛みのある箇所に手を当ててしまうと思います。
 たぶん、人間は生まれながらにして、手を当てると痛みが和らぐという経験則があったのでしょう。

  では、日本人は、一般的に手当療法と聞いて、どのように思うでしょうか?
 まず、怪しいと思い、次に新興宗教?、詐欺なのでは?と思うことでしょう。
 何事も疑ってみることは、大事なことです!
 レイキとは、漢字で書くと霊気(靈氣)となります。
 こうなると、日本人は、霊という字から、まず幽霊や霊魂という言葉が頭に浮かび、ますます怪しいと思い、敬遠してしまいます。

実態は、どうなの?

 レイキは、日本では広く知られているとは言えませんが、海外ではメジャーであり、イギリスやアメリカの病院でも使われています。
  「Reiki」は、海外の英語の辞書にも掲載されており、日本とは、認識度にかなり温度差があるように思います。
 そもそも、レイキは、海外ではなく日本発祥なのですが、敗戦により西洋医学一辺倒とされたことから、表舞台から消えざるを得ず、広がりをみせることにならなかったようです。
 臼井甕男という方が鞍馬山で感得し、弟子の林忠次郎からハワイ在住の髙田はわよ女史に伝わり、世界に広がっていきました。
 当時は、海軍のお偉いさんや学識経験者など多くの方々が実践しており、病気治療を目的とし、しっかりとした成果があったことがうかがえます。
 何の効果もない療法であれば、これだけ世界に広く伝わり、実践者が多くなることはなかったでしょう。
 これは、それなりの効果がある証明ではないでしょうか。

なぜ、怪しいとか詐欺と思われるのか? 

 まず、最初に書いたとおり、レイキという言葉、漢字にするとなおさら怪しく感じてしまうのでしょう。
 また、海外から逆輸入されたレイキを西洋レイキといいますが、全てのティーチャーが同じ水準に達しているとはいえないという問題点があります。
 これは、レイキは、教えるところで相違があるかと思いますが、レベル1~レベル3、ティーチャー、マスターといった順番に習います。
 しかし、これが1日で教えたり、実際に手取り足取り教えないで修了証の発行がされたり、実際に他者に教えるレベルに達していないにもかかわらず、ティーチャーとなって他者に教えてしまうケースがないとは言えません。
 レイキを修得するには、それなりの受講料も必要になります。
 受講者が、受講料を支払ったのに効果を感じられないとしたら、詐欺だと思ってしまうのは仕方がないことでしょう。
 非常に残念なことです。

見極める

 個人的な感想ですが、レイキとは、心身を癒やすには、大変有効だと思っています。
 レイキとは、どのようなものなのかを知るためにも、書店で本を手にしてはいかがでしょうか。
 ただし、一昔前よりもレイキに関する本の陳列が少なくなっているように感じるとともに、廃版になっていたりする場合もあります。
 少しずつではありますが、私も、レイキの本を読んで、ブログで紹介していきたいと思います。
 本であれば、1冊数千円で買えますし、公共の場で無料でレイキの体験ができる場合もありますので、まずは高い費用をかけずに、自分の目と心身で見極めてみてはいかがでしょうか。