page contents Your SEO optimized title page contents

雨月の気まぐれ日記

食・食品表示検定・健康・未知の領域 今感じることを、気ままに考察

HSPとは?

HSPとは?

 まず、HSPは、病気ではなく、かつ、生活環境や性格といった後天的なものでもなく、生まれ持っての気質だということを素直に受け止める必要があります。
 HSPとは、Highly Sensitive Personの頭文字をとっています。

  1996年、アメリカの心理学者エイレン・N・アーロン博士が提唱した概念で、5人のうち1人が、生まれつき刺激に敏感な気質持って生まれると言われています。

あなたは、HSPなのか?

 私は、幼少の頃から相手の考えていることや自分を敬遠しようとしている動き等、些細な雰囲気、しぐさを敏感に感じ取っていました。
 また、こちらは悪気がないのですが、感じ取ってしまったこと(相手にとって1番言われたくないであろう言葉)を素直に相手に言ってしまうことがありました。
 結果、付き合いが遠のいていってしまうという悲しい現実。
 人は、今自分が悩んでいること、例えば病気であれば病名、不可思議なことであれば、その現象やその名を知ることで、次の対応を考える傾向があると思います。
 それでは、HSPについて、チェックリストで、いくつ該当するのか確認してみましょう。

 ① 自分の周りの微妙な環境の変化に気付きやすい。
 ② 他人や周りの雰囲気に左右されやすい。
 ③ 痛みにとても敏感である。
 ④ 忙しい日が続くと、ベットや暗い部屋など、プライバシーが得ら
  れ刺激から逃れられる場所に引きこもりたくる。
 ⑤ カフェインに敏感に反応する。
 ⑥ 明るい光や強いにおい、ざらざらした布地、サイレンなどの音に
  圧倒されやすい。
 ⑦ 想像力豊かで、空想にふけりやすい。
 ⑧ 美術や音楽に深く共鳴・感動し、心が動かされやすい。
 ⑨ ちょっとしたことでも驚きやすい。
 ⑩ とても誠実である。
 ⑪ 短時間に沢山のことをしなければならないとき、混乱してしまう。
 ⑫ 一度に沢山のことを頼まれることが嫌である。(⑪に関連)
 ⑬ 何か不快な状況のとき、どのようにすれば快適になるか、すぐに
  気付く。
 ⑭ ミスしたり、忘れ物をしないように、いつも心掛けている。
 ⑮ 暴力的な映画やテレビ番組は見ないようにしている。
 ⑯ 自分の周りでたくさんの出来事が起こると、不快になり神経が高
  ぶる。
 ⑰ 生活(環境)に変化があると混乱する。
 ⑱ 繊細な香りや味、音楽が好きである。
 ⑲ 日常生活において、動揺を避けることに重きを置いている。
 ⑳ 仕事などで、競争させられたり、観察されたりすると、緊張のた
  め、いつもどおりの実力が出せない。
 ㉑ 子どもの頃、親や教師から「敏感」、「内向性」と思われていた。

 12個以上該当すると、HSPの可能性が高いそうです。

どのように向き合えばよいのでしょうか

 最初にも書きましたが、HSPとは、生まれ持っての気質、個性であると自覚すること。
 得てして、自分は霊感が強いとかスピリチュアル能力に優れている等と考えてしまうかもしれませんが、まずは、HSPに当てはまるのだなぁ程度に考え、ありのままの自分を受け入れることが大事です。
 私もそうですが、敏感すぎて辛いこともあると思いますが、日常の出来事でどのような時に、どのように感じ、どのような行動をしたのか又はしなかったのかを、日記のように箇条書きで構わないので、書き留めておきます。
 そうすると、自分のHSPのパターンや自分との向き合い方を客観的に見つめることができるようになります。
 HSPで悩んでいる人は、自分を認め、自分を客観的に把握してみること、そして、他にも自分のように苦しんでいる人もいるのだということをポジティブに捉えてみることも大事だと思います。